ページ内・サイト内を移動するためのリンク

ID     PASS

グローバルナビ

医療機関向け製品

本文

精神科報告書支援システム

患者情報管理機能搭載
seishinka_03.gif
  • 精神科報告書支援システムは、全国の精神科専門病院、精神科併設の病院で、精神科特有な報告書類を提出している病院様でお使いいただけます。
  • 精神科の日常診療における患者の動きを把握すると共に、従来の電子カルテではカバーしきれない精神科特有の報告書作成業務を補助する支援ツールです。
  • seishinka.jpg

資料請求はこちら
お電話でのお問合せはこちら
東京オフィスTEL03-6667-5614
関西オフィスTEL06-4805-5060

システムの特徴

◎業務を短縮する機能が満載!

すべての都道府県・政令指定都市の様式へ変更可能
  • 本システムで実装している20様式にて各都道府県・政令指定都市ごとに様式変更ができます。
  • 1システムで複数の都道府県様式にも対応可能です。
  • 厚生労働省発表の標準様式および、病院所在地指定の様式を無償でご提供いたします。
seishinka_05.gif

▲医療保護入院者の入院届 東京都様式

入力補助機能で文書作成をヘルプ
  • 前回の作成した内容を丸ごと複写できるため、書類作成の手間を省けます。
  • PSW(Psychiatric Social Worker)や看護士が記録した内容も、帳票作成画面で確認や流用が行えるため、短時間での書類作成が可能です。
  • 生活歴・病歴などの長文入力は、あらかじめ登録できる文章のテンプレートや、過去入力内容からの参照で入力が手早く行えます。
  • 長い病名なども病名入力画面よりクリックすることで素早く入力することができます。
  • 作成中または過去に作成した文書にロックをかけ改ざん防止が可能です。
seishinka_06.gif

▲長文入力補助画面と病名入力画面

他システムの患者情報も取込み可能
  • 付属の患者基本情報連携ツールにより、他社システム(医事システムなど)から出力されるCSVファイルをそのまま取り込むことができます。
  • 取り込み時間指定やスケジューリングで、自動的に最新の患者情報にできます。
  • 一部他社ソフトからの取込を可能とする設定ファイルが付属しております。
seishinka_04.gif

▲自立支援医療診断書兼「重度かつ継続」に関する意見書画面

精神科報告書支援システム紹介動画

※音声が出ますのでご注意下さい

seishinka_02.gif

サポート体制

WEB操作説明で実運用までしっかりサポートします
初めてシステムに触れる方・システム入れ替えの方も安心!

WEB操作説明は、パソコンのデスクトップを共有することができ、インストラクターが常にその場にいるような感覚で操作説明を受けていただくことが可能です。訪問説明に比べ、交通費などのご負担がない分コストを抑えられます。また、ご多忙な職員様もちょっとした空き時間に効率よく、操作説明を受けていただけます。

もっと詳しく>>
安心のサポート体制

「操作方法がわからない」「こんなときどうすればいいの?」
導入後の疑問や質問は、当社サポータセンターにお問い合わせください。
福祉業務支援ソフト「ほのぼの」シリーズで、顧客満足度No.1(※)に選ばれた当社がサポートいたしますので、アフターケアも万全です!
※「月刊ケアマネジメント2007年5月号」掲載

資料請求はこちら
お電話でのお問合せはこちら
東京オフィスTEL03-6667-5614
関西オフィスTEL06-4805-5060