戻る

お客様のニーズに、開発力で応える

黒田 孝之
開発職(ICT事業部 主任)
2009年/新卒

私は山形の大学で生活総合学を専攻し、社会学など幅広く学んだ後、NDソフトに入社しました。入社して5年間は東京で勤務し、その後山形の本社に戻り、システムインテグレーションを担当しています。東京では様々な案件で開発を行い、多くの人との関わりの中で、スキルや知識を得られたと思います。山形に戻ってからは、東京とは違うゆったりとした環境の中で、集中して開発を行っています。

システム開発が業務の中心ですが、私自身は開発前の要件定義を行うことが多いです。いわばお客様のニーズと、エンジニアの間に立って、最適な設計書を導く役割です。山形に戻った今でも、東京のお客様からの指名もいただけていて、そうやって実力を認めてもらえることを嬉しく思っています。

AI活用を、もっと!

介護福祉業界において、今後デジタル活用の重要性は高まると思います。その中でも、個人的にはAI技術に注目しています。弊社でも人型ロボット「Pepper」を高齢者の見守りに役立てる研究が進んでいます。また主力商品である「ほのぼの」シリーズでも、お客様がシステム設定を行う際、AIが自動でヒアリングを行う仕様も開発しています。エンジニアとして、良い形でデジタル技術が人々の生活を支えられる方法を模索していきたいです。

前向きな努力と、コミュニケーションを

学生時代に専門的に学んだ方でなくても、やる気があればぜひ開発職にエントリーして欲しいと思います。私自身文系の出身ですし、エンジニアとしてのスキルは入社してから得ました。専門的な研修もありますし、現場で学んでいけることが多いので。業務を進める中で、分からないことがあれば先輩に伝え方法を聞く。素直なコミュニケーションができ、前向きに学ぶ努力ができる人であれば心配はいらないと思います。