NDSコラム

人材 2021/08/06
介護業界の人材不足解消に期待の「リファラル採用」成功のポイントとは

増加し続ける介護ニーズに対応するためには介護業界で働きたいという人材を多く確保し、さらに長く働き続けてもらう必要があります。しかし実際のところでは介護業界は求人があまり多いとはいえず、離職率も比較的高い水準にあります。
そこで介護業界の求人でも期待されているのが「リファラル採用」です。リファラル採用はそのメリットから介護業界の人材不足解消に役立てることが期待されていますが、そのためには介護事業者がリファラル採用を成功させられる環境を整備しておく必要があります。今回は、介護業界の人材不足解消に期待が寄せられるリファラル採用のメリット、デメリットとリファラル採用を成功させるためのポイントを解説します。

深刻化する介護業界の人材不足

介護業界は以前から人材不足が慢性的な悩みとなっています。昨年は新型コロナウイルス感染症が経済に打撃を与えた影響もあり失業者、転職希望者が幾分か介護業界に流れてきた経緯は見られましたが、やはり依然として有効求人倍率は他産業と比較しても高い水準にあり、人材不足が根本的に解決したとはいえない状況です。

介護業界が抱える人材不足の理由として圧倒的に多い意見が「採用が困難である」ことが挙げられており、続いて「離職率が高い」ことが挙げられています。つまり、介護業界がいかに人材を確保しようとしても求人の多さに対して求職者が少ないということ、採用に至っても長く続かずに離職してしまうことが慢性的な人材不足の背景にあると考えられます。
この状況を改善していくために注目を集めているのが「リファラル採用」です。

リファラル採用とは

リファラル採用のリファラルとは「推薦・紹介」を意味しており、つまりすでに働いている人に人材を紹介してもらい採用するシステムがリファラル採用です。介護業界においていうならば事業所に勤める介護職員が他の介護職員の転職先として自身の事業所を紹介する、介護の仕事に興味を持っている人を紹介するといった形になります。
リファラル採用は従来の求人や採用方法のマイナス面が払拭されることが期待されており、採用が困難であることが人材不足の最たる理由となっている介護業界において従来の求人方法で効果が得にくいという点を改善できるのが強みです。

リファラル採用のメリット・デメリット

介護業界の人材不足解消に期待されるリファラル採用を導入するには、メリットと同時にデメリットも存在します。

メリット

採用コストがかからない

リファラル採用のメリットはなんといっても採用にかかるコストがほとんどかからないことといえます。従来の求人方法で紹介業者や広告業者に支払っていた募集のための費用がほぼ不要となりますので大幅なコスト削減が可能になります。

ミスマッチが少ない

リファラル採用では、介護事業所に勤めている職員からの紹介が主な採用ルートになります。そのため、紹介される人材は仕事内容や事業所の雰囲気が合うかどうかを介護職員が見極めての紹介になると思われますので、実際に働いてみると合わなかった、求めていた人材ではなかったなどといったミスマッチが少なくなります。

離職率が下がることが期待できる

リファラル採用は必然的に知人や友人、縁故者が対象となるため相談しやすい環境などが構築しやすく離職率が下がる傾向があります。業務内容を覚える段階で色々相談できる介護職の存在があることは採用する側にとっても大きなメリットです。採用率が上がり離職率が低下することは介護業界にとっても大きなメリットといえるでしょう。

従来の求人では見つかりにくい人材が見つかる

リファラル採用は介護職員の周りの求職者に対してリーチをかけることになります。中には介護業界に興味はあるけどなかなか踏み切れない求職者もいるかもしれません。従来の求人方法では応募にまで至らなかった方でも実際に働いている介護職員に誘われてという経緯であれば面接に臨みやすくなりますし、介護事業者側にとって思わぬ力を発揮してくれることもあります。

デメリット

紹介待ちになるので時間がかかる

リファラル採用は基本的に介護職員からの紹介待ちが求人のスタイルとなります。そのため採用の計画がスムーズに運ぶかどうかの算段を立てにくいことがデメリットといえます。

紹介者との関係性の悪化リスク

介護職員が紹介してくれた人材と面談した結果、人物像や希望条件などが合わずに採用に至らない場合も考えられます。その際に紹介してくれた介護職員との関係性が悪化しないよう配慮が必要です。事前に不採用となる場合もあることなどを了承してもらうよう十分に話し合うことが必要です。

縁故者の関係性が逆効果の場合もある

実際に採用に至った後に紹介者である介護職員が離職してしまうようなことがあった場合、紹介された側の職員が居づらくなり離職してしまう場合があります。縁故者が主な採用ルートであるリファラル採用ではこのような事態が起こりうることも想定し、いかに離職を減らしていくかの手立ても重要といえます。

 

次ページへ続く

ケアパレット,NDソフト,介護ソフト

ページ: 1 2

PAGE TOP