NDSコラム

人材 2019/10/01
どうすれば良い!?ゼロからの介護職研修制度整備のコツ

介護職では、資格試験取得のためだけではなく、専門的な知識や技術を習得してケアの質を向上させるために、多彩な研修が必要になります。とはいえ、研修制度をゼロから整備するのは、時間もお金もかかってしまいます。そこで、「ゼロからの介護職研修制度整備のコツ」をご紹介します。

キャリアパスの確立

 
研修制度を整備する前に、「どんなキャリアを歩んでほしいのか」「どんなスキル・知識を習得してほしいのか」を職能や職位別にリスト化してみましょう。
キャリアパスを明確にすることで、どんな研修・教育を行えばいいのか把握できます。
初心者研修・中堅社員研修・リーダー研修だけではなく、フォローアップ研修やコンプライアンス研修など、必要に応じて適切な指導を受けられるように計画をしましょう。
 

OJT

現場で実戦形式で指導を行うOJTは、上司の質が教育の質に繋がります。そのため、教育をする側に対しても指導を行う必要があります。コーチングスキルなど、マネジメント層以外でも活用できるスキルは、若手のうちから研修を受けて習得しておけるようにすると良いかもしれません。
 

外注を活用する

 

 
研修制度の構築をバックアップしてくれる企業は数多くあります。ゼロから研修を構築場合には、まずは外注を利用しその後自社に即した研修体制を確立していきましょう。
 

外部講座を活用する

外部講座を活用することで、自社のニーズに即した研修制度を整備できます。
 
・e-ラーニングの活用
e-ラーニングのメリットは、導入コストが安く、効率良く勉強を進められる点です。
e-ラーニングはティーチングなので、講師に質問をすることができません。
分からないことを質問する体制がある講座を選んだり、フォローのための勉強会を設けるなど、適切なサポートを心がけましょう。
 
・外部講師の招へい
外部講師の招へいは主に集合研修で行われます。
専門スキルや経験を持つ人材を講師に起用することで、幅広い知見を活かした研修を行うことができます。
 

補助金を活用する

 

 
研修を外注するのはコスト面での負担が大きいものです。
補助金を活用して、負担を軽減しましょう。
 

介護職員処遇改善加算

介護職員処遇改善加算では、下記を満たすと加算を受けることができます。
 

<キャリアパス要件>
 
①職位・職責・職務内容等に応じた任用要件と賃金体系を整備すること
②資質向上のための計画を策定して研修の実施又は研修の機会を確保すること
③経験若しくは資格等に応じて昇給する仕組み又は一定の基準に基づき定期に昇給を判定する仕組みを設けること
<職場環境等要件>
〇 賃金改善を除く、職場環境等の改善

引用元:厚生労働省「介護人材の処遇改善について」

加算は5段階に分かれており、(介護予防)訪問看護などは非加算の扱いです。
詳しい加算率などは、上記の資料に記載されていますが、加算Ⅲで最低1.0%、加算Ⅰで最高13.7%です。
 
また、2019年10月より、消費税率の引上げに伴う報酬改定において、勤続10年以上の介護福祉士に月額平均8万円相当の処遇改善を行います。
 

人材開発支援助成金

厚生労働省による、労働者のキャリア形成を効果的に支援するための制度です。
e-ラーニングを活用して行う教育訓練も助成の対象になり、より便利になりました。
支給対象は、3つのコースに分かれており、1人1時間当たりの賃金助成・経費助成、そして実施助成を受けることができます。
 
参考:厚生労働省「平成31年度版パンフレット(特定訓練コース、一般訓練コース、教育訓練休暇付与コース)」

 

東京都介護職員キャリアパス導入促進事業

東京都では、介護職員の育成を支援するために、独自の取り組みを行っています。
キャリアパス導入体制の確保のために、専門家(経営コンサルタント)が、介護事業者に対して集合研修や個別相談の機会を提供しています。
また、研修・教育にかかる経費の補助や、専門人材育成・定着促進助成金などもあります。
東京都以外の自治体にも、こうした制度がありますので、研修体制を構築する前に調べてみましょう。
 
参考:東京都「東京都介護職員キャリアパス導入促進事業の概要」

 

おわりに

研修制度は、単に整備すれば良いわけではありません。
人事評価制度に組み込み、効果測定を行うことも重要なポイントです。
制度構築をした後は、見直し改善をしていくことで、ブラッシュアップしましょう。

 
 

おわりに

最後までお読みいただきありがとうございました。
介護事業所様にお役立ちいただけるよう「eBook」をご用意しました。是非、ダウンロードしてご活用いただければと思います。ダウンロードは無料です。

今すぐeBookをダウンロード

 
 

PAGE TOP