NDSコラム

人材 2019/10/07
介護職の人員不足解消に役立てたい「リファラル採用」とは

介護職の人員不足解消のために、外国人人材の受け入れや職場の環境改善など、多彩な取り組みをご紹介してきました。今回は、介護職以外の業種からも注目を集めている「リファラル採用」についてご紹介します。リファラル採用を取り入れることで、マッチングする人材に出会うことができるかもしれません。導入を検討してみてはいかがでしょうか。

リファラル採用について

 

 
リファラル採用は、近年注目を集めている採用方法です。
 

リファラル採用とは

リファラル採用は、社員の紹介や推薦による採用方法のことです。
従来のコネや縁故による採用に似ていると思うかもしれませんが、リファラル採用では応募や勤務に対する配慮が必要ありません。また応募者に対して一定の質やポテンシャルを求められるので、優秀な人材を集めることができます。
 

ファラル採用のメリット

・採用コストが安い
人材紹介会社を経由して採用をした場合、多額のコストが掛かります。
また、一般公募も広告費や人件費そして工数が掛かりますよね。
リファラル採用では、紹介者に対する一定のフィーを支払ったとしても、採用コストを抑えることができます。
 
・マッチングしやすい
リファラル採用では、現場で活躍している社員から、職場環境や企業理念などを聞いてから応募を決めます。
職場のイメージや企業理念を理解した人材が応募してくれる可能性が高く、適した人材が見つかりやすいのです。
 
・専門スキルを有した人材を集められる
資格所有だけでは専門スキルをはかることは難しいと言えます。
社員に求める人物のスキルや経験を伝えておくことで、適した人材に声をかけてくれます。
 
・短期離職のリスクが少ない
リファラル採用では、採用者に対して応募者がフォローをしてくれるケースが多く、「短期離職が少ない」という特徴があります。折角採用した人材が辞めてしまうと、採用コストや工数が無駄になってしまいます。
 

リファラル採用のデメリット

リファラル採用のデメリットは以下の通りです。
 
・採用人数の計画がたてづらい
適した人材が居たとしても、すぐに就業できる環境にあるとは限りません。
候補者に対してアプローチをしてから、前職を退職するまで時間が掛かるケースは珍しくありません。
 
また、リファラル採用では、社員の紹介に頼るため、リーチできる範囲が社員の交友関係によります。
必ずしも定期的に応募が集まるわけではなく、採用人数の計画がたてづらいといえます。
 
・紹介した社員が居づらくなってしまうことがある
リファラル採用を通して採用した社員が、入社してみたらスキルや経験が不足していたり、職場との折り合いが悪いケースがあります。離職してしまったり、トラブルを抱えたりすると、紹介した社員が居づらくなってしまうことがあるのもデメリットといえます。
 

リファラル採用を取り入れるために

 

 
リファラル採用を取り入れるためには、制度を整備して活用しやすい環境を整えることが大切です。
 

制度を整備する

制度を整備し、全社員に告知しましょう。その際、どんなスキルを持った人材が欲しいのか、どんなポジションなのかなど、募集条件をしっかりと伝えることが大切です。リファラル採用の導入に伴って、紹介フィー(インセンティブ)を支払うケースがありますが、数万円から多くても三十万円程度の範囲です。あまり高額になってしまうと、紹介フィー目当てでマッチング精度の低い人材の紹介・推薦が多くなるケースもあります。
また、「お金目当てで紹介された」と思われてしまうこともあります。
更に紹介された人にもフィーを支払うことで応募へのハードルをさげる効果が期待できます。
 

「友人を職場に呼ぶ」ことを可能にする

リファラル採用の対象者の多くは、現役で仕事をしている友人・知人です。
そのため、家族や友人を職場に呼べる環境を作り、気軽に職場に来てもらえるようにします。そうすることで、職場の雰囲気を知ってもらうことができるだけではなく、もし紹介された方が転職を考えた時、候補に入れてもらえる可能性が高くなります。
 

「人が人を呼ぶ」環境を作る

リファラル採用は制度を整備しただけで応募が集まる訳ではありません。
制度を周知すると共に、環境改善にも積極的に取り組み、「社員が人を紹介したくなる」会社を目指しましょう。具体的な取り組みとしては、ハード面・ソフト面の整備だけではなく、採用した人が辞めてしまわないようにエンゲージメントを高めることも重要です。
 

おわりに

介護職の人員不足にお悩みの方は、リファラル採用に挑戦してみてください。
採用が成功したら、紹介者へ感謝の気持ちを伝えることをお忘れなく。

 
 

おわりに

最後までお読みいただきありがとうございました。
介護事業所様にお役立ちいただけるよう「eBook」をご用意しました。是非、ダウンロードしてご活用いただければと思います。ダウンロードは無料です。

今すぐeBookをダウンロード

 
 

PAGE TOP