IR情報

CSR活動

はじめに

当社は「誰もがすこやかに暮らせる社会の実現のために」という経営理念の元、CSR※活動を積極的に行って参りました。このページではこれまでの当社のCSR 活動についてまとめておりますので、当社の活動へのご理解を深めていただくきっかけになれば幸いです。

CSR Report ダウンロード

※CSR( Corporate Social Responsibility )とは
企業の社会的責任のことで、企業が本業での利益追求以外に果たすべき役割のことです。広い意味では企業の社会貢献だけでなく、法令遵守や説明責任も含む言葉ですが、ここでは主に企業の社会的貢献という意味で用いています。


PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、上のアイコンからダウンロードして下さい。

寄付活動

病院 / 福祉施設への定期的な車いすの寄付
南陽市(当社本社所在地)内の授産品販売所への運営費の寄付

モンテディオ山形の支援活動

【目的】
モンテディオ山形の支援をすることで企業価値向上に寄与できる。

【内容】
  • サッカーJリーグモンテディオ山形への支援活動
    活動例:日程告知看板スポンサー, 冠マッチ協賛 等
  • 山形県総合運動公園陸上競技場のネーミングライツ※の取得

※ネーミングライツとは
事物、施設などに名前をつける権利(命名権)のうち、特に施設命名権のことを言います。

やまがた絆の森※への取り組み

【目的】
森づくりを通じて地域との絆を結び、ともに地域の発展に貢献する。

【内容】
  • 当社社員による森林整備活動(具体的には林地残材整理、間伐、植栽、歩道整備等)
  • 森林を活用した地域との交流イベントの実施
  • 整備完了後は、森林を地域に開放し、ハイジアパーク南陽と一体化した「癒しの空間」を提供する予定

【協定締結者】
山形県知事 吉村 美栄子 様
南陽市長 白岩 孝夫 様
エヌ・デーソフトウェア株式会社
代表取締役社長 佐藤 廣志

※やまがた絆の森とは
山形県が、森作りによる地域活性化を目指して行っているプロジェクトです。 このプロジェクトでは、企業の参加を募り、企業と地域の交流を通して、地域の活性化を支援していきます。



NDソフトアスリートクラブ

【目的】
陸上中長距離選手育成・支援するための陸上部として、スポーツ活動を通じてより一層地域・社会への貢献を図ってまいります。

アスリートクラブHP

【構成】
監督1名、コーチ1名、選手15名

【目 標】
  • 地元小・中学生向け陸上教室を開催するなど将来を担う陸上中長距離選手の育成
  • 各種ロードレースに出場し、11月に行われる東日本実業団対抗駅伝競走大会の上位入賞

【創部】
平成27年4月1日(水)

  • 地元小学校での陸上教室の様子

創部から3年、女性初のアスリート、王子田 萌(おおしでん もえ)が入部しました。陸上女子400メートル障害で2020年東京五輪出場を目指します。

PAGE TOP