会社情報

ごあいさつ

 エヌ・デーソフトウェア株式会社は、1983年より「お客様第一主義」を基本方針として、介護・福祉・医療分野の業務支援ソフトウェアの開発・販売・運用サポートを中心に、誰もがすこやかに暮らせる社会の実現を目指した事業活動を行っています。(2006年にJASDAQ、2013年には東京証券取引所に上場しています。)
 当社は、介護・福祉・医療業務の省力化・円滑化を支えるソフトウェアを自社開発するとともに、事業フィールドを障がい者福祉・児童福祉へと広げ、全国に40,000件*を超えるユーザーを持つ企業へと成長しました。
 医療分野への取り組みにつきましては、従来の福祉分野に加え、臨床検査システム、健診システムなどへも取り組み、ヘルスケア全般のトータルソリューションを提供できる体制を構築しています。
 また、2011年に日本コンピュータシステム(株)がグループ入りしたことにより、システムインテグレートビジネス体制を強化し、より大規模なシステムソリューションを提供できるようになりました。
 2012年には(株)メディパスがグループ入りし、歯科巡回診療サポート業務を行っております。
 2014年には(株)ナレッジ・マネジメント・ケア研究所を設立し、経営相談、調査研究を行うシンクタンクとしての活動を始めております。
 2017年にはアルファフーズ(株)がグループ入りし、企業・自治体向けに防災食販売を行い、今後介護食開発も行ってまいります。
 いま、わが国は少子高齢化の進展、介護保険制度の改正、医療費の問題等、大きな転換期に立っています。
 「人のやらない事を人のやらない方法で」をモットーに、社員一丸となり行動に移していくことで、急速に変化しているIT・情報化に対応しています。そして今後もさらに多様化、高度化するユーザニーズに最適なヘルスケア全般に渡るトータルソリューションを提供していきます。
 お客様をはじめとするステークホルダーの皆様には、引き続き当社に対するご理解とご支援をお願い申し上げます。

代表取締役社長 佐藤 廣志

*当社調べ。2018年3月末現在、エヌ・デーソフトウェア単体でのユーザー数であり、グループ会社のユーザー数は含んでおりません。
 (訪介/訪入/訪看/訪リ/通介(地域密着通所含む)/通リ/用具/居宅/特定/小規模/GH/特養/短期/老健/療養事業にて算出)

PAGE TOP