ページ内・サイト内を移動するためのリンク

ID     PASS

グローバルナビ

障がい者福祉向け製品

本文

障害者総合支援法対応版ほのぼのmore more smile system 現行の操作性を引き継ぎ、機能をより成熟させ、お客様に寄り添うシステムを目指します。

more1 より見やすい、より操作しやすい画面,more2 時代に即したセキュリティ管理を充実,more3 個別支援計画の帳票作成の自由度UP,more4 上限管理の機能性向上,more5 新しい技術への対応

事業種別で探す

※療養介護については、医療機関への入院とあわせて実施。

システム連動イメージ

運用構成例

事業規模に応じた5つの運用構成例

「ほのぼの」シリーズはお客様の事業規模に応じて柔軟なシステム構成と、拡張が可能です。
ご導入後に、新たな事業所の開設や職員の増員など、事業規模が拡大してもそれまで蓄積されたデータはそのままでシステムやパソコンの追加が行えます。

  • スタンドアロン(単独構成),パソコン1台のみで運用する形態です。単独事業のみを行っている場合や、請求事務のみをお一人で行う場合などには最適な運用携帯です。まずは1台からスタートし、事業の拡大にあわせてネットワーク構成に移行する事も可能です。
  • ピアツーピア(小規模ネットワーク構成),同一施設・事業所内において、パソコン2~3台の小規模なネットワーク構成で運用する形態です。1台のパソコンを親機とし、残りのパソコンは子機として親機に接続する形で運用します。単独から小~中規模向けの運用形態です。
  • クライアント/サーバーLAN型(同一拠点ネットワーク構成),同一施設・事業所内において、パソコン数台~数十台で運用する形態です。データ格納・蓄積するサーバ(親機)と実際の作業を行うパソコン(子機)で構成されます。オールIT化を目指す施設、中~大規模向けに適した運用形態です。
  • クライアント/サーバーWAN型(複数拠点間ネットワーク構成),離れた場所にある複数の施設・事業所を接続し、パソコン数台~数十台で運用する形態です。施設・事業所間はインターネット回線にて接続されますが、データは暗号化されて送られるため安心です。日々の実績登録等は各拠点で行い、実際の請求事務は本部で処理、国保連へ伝送といった運用が想定される場合など、大規模法人向けに適した運用形態です。
  • サーバレス(クラウド型),ネットワーク経由でご利用いただけるクラウド型インフラ環境です。データセンターに施設・事務所がインターネットで接続し、システム運用頂けます。インフラ環境の管理や定期的なバージョンアップ対応等は弊社で実施するため、サーバーレスにてシステム運用を希望されるお客様に適した運用形態です。

ご導入方法

5年間のソフトウェア使用権をご購入いただく導入方式です。

ソフトウェアに関連する将来的なコストが予測しやすくなり、事業所経営の安定につながります。

「ほのぼの」シリーズ 使用権パックのメリット,シンプルな価格設定 保守料・データベース費用が無い、シンプルでわかりやすい価格設定です。,お求めになりやすい価格 5年間のトータルコストを抑え、お求めになりやすい価格でご提供いたします。,制度改正/単価改正の費用は不要 ライセンス期間内の制度改正や単価改正の別途費用は不要※です。メーカーサポートは期限付きライセンスをご導入いただいたお客様へサービスとして提供いたします。※操作説明や作業費は別途必要です。また、新サービスの追加などサービス体系が追加された場合は対象外です。※「価格」は「希望小売価格」です。

ご導入までの流れ

NDソフトウェアと販売パートナーの協力体制により、スムーズなご導入をお手伝いいたします。

資料請求はこちら