導入事例

介護事業
Care Palette Homeを活用した
情報共有の効率化実践

NDソフトウェアの「Care Palette Home」を活用し、事業内の業務効率化に取り組む訪問介護事業所様にお話を伺いました。

施設情報

ハッピーとやまヘルパーステーション
富山県富山市 中新川郡(上市町・立山町・舟橋村)

事業内容

地域包括支援センター
居宅介護支援事業所
通所介護・短期入所(デイサービス・ショートステイ)
訪問介護
小規模多機能型居宅介護
有料老人ホーム
認知症対応型通所介護

株式会社とやまヒューマンサービス ハッピーとやまヘルパーセンター 
管理者 柳川様、サービス提供責任者 平田様よりお話をお伺いしました。

法人内で情報共有を図るために、ケース記録のほうへサービス記録の入力を試みたのですが、入力することが困難で毎回山積みになっていました。一カ月前のものを一カ月後に入力するような感じでタイムリーに報告することができないことが課題でした。

 

サービス記録の入力をしていた頃は、1か月遅れでケースへ入力していた感じでしたが、Care Palette Homeを導入してから、記録と実績はその日のうちにほのぼのNEXTに入ってきますし、翌日には昨日の様子を職員全員で情報共有するためにケースを印刷し、大事なところにはラインを引いて事業所全体で情報共有をしております。

実績も毎日確認しておりますので月末処理も1日で終わるようになりました。

 

 

 
 
 

ほのぼのメールマガジンの登録

当社の新商品、セミナー・展示会などの情報や連載コラムをご案内させていただきます。ぜひ、ご登録ください。無料です。

メルマガ登録はこちら

   

PAGE TOP