導入事例

介護事業
記録のシステム化をスムーズに進める方法

滋賀県大津市にある社会福祉法人 桐生会 高齢者総合福祉施設 桐生園 施設長 山本様にほのぼのNEXT、CarePaletteの導入の背景と効果について伺いました。

施設情報

社会福祉法人 桐生会
高齢者総合福祉施設 桐生園
〒520-2111 滋賀県大津市桐生一丁目26番7号
URL:http://www.kiryuen.jp/
 

 

運用システム

ほのぼのNEXT
CarePalette
オンラインプラットフォーム

 

記録システムの運用が進んでおられますが、きっかけを教えてください。

以前も記録はシステムに入力していましたが、あまり目的意識もなく、入力するために使っていたような状況でした。ほのぼのに出会ったのが、2017年に行った京都の施設見学でした。そこで初めて、情報を抽出するという作業を見ました。「あ、これなんだ。介護ソフトの使い方。」と感じました。入力するだけではなく、情報を取り出すことを職員全体でやっていきたい。取り出しやすくするために、日々の業務を行っていく、そのためにシステムを入れ替えました。
 

導入する上で苦労された点、工夫された点はありますか?

基本的に、不要なものは入力しない、というルールを設けました。システムが良いものに変わったからといって、今まで記録してきたもののレベルを高めろといっても難しい話です。まずは、ソフトに沿ったやり方をしなさい、と強く伝えました。とにかくほのぼのに合わせて業務をやりなさい、と。ExcelやWordで残していたものもやめて、共通化していきました。サービス事業所ごとに重複して作成していた書類は、同じ利用者のものでも断片化されてしまいます。ほのぼのを徹底的に使うことによって、情報が蓄積されていきます。
それと、まずはiPadでの入力に注力したことです。iPadだけで必要な情報が得られる状況になっています。
 

 

導入後の効果の一部を教えてください。

やはり同じことを紙に書いたりしなくてもよい分だけ時間短縮になっています。帳票の自由度も高いので、ExcelやWordを使わなくても良い状態になっています。統計も事故やヒヤリハットの件数・傾向を確認したりしています。集計的なものは、かなり楽になりました。ここまで到達したら、さらに欲が出てきています。今は、まだまだ入力してデータをため込んでいる段階です。これから活用する段階に入っていきたいと思っています。
また、今後、外国人実習生を受け入れていきます。多言語アプリにも興味があります。

 

今後NDソフトウェアに期待することを教えてください。

常にiPadを持ち歩いていますので、緊急時のマニュアルがあると良いです。例えば、事故が起きた際、「窒息」というボタンが押すと、何をすべきかが出てくるイメージです。まず、周囲へ知らせる、次に、口の中を確認します、というような手順です。見るだけのマニュアルではなく、音声ガイドも良いかもしれません。
また、よくある話ですが、地域包括ケアで情報を共有する仕組みは必要だと思います。そこまでいかなくても、ほのぼの同士だけでも見れるようになるとかなり便利です。
あとは、情報発信です。家族へのお知らせ等、例えば、インフルエンザで明日から全館面会が出来なくなるといったような緊急案内は、電話するしかありません。メール等、SNSも含めて、一斉配信できる仕組みが、ほのぼのにあっても良いと思います。
 

取材当日、ほのぼの運用委員会を開催されていました(月1回開催)

この日は、iPadの独自マニュアルについての検討をされていました。新人向けのマニュアルでもあり、一定レベルに到達したかどうかのチェックも行われます。
 

 
 

ほのぼのメールマガジンの登録

当社の新商品、セミナー・展示会などの情報や連載コラムをご案内させていただきます。ぜひ、ご登録ください。無料です。

メルマガ登録はこちら

 
 

PAGE TOP