NDSコラム

仕事 2021/07/28
介護施設のおやつの役割とは?高齢者向けのおやつレシピも紹介!

介護施設を利用する高齢者にとって、食事とは大きな楽しみのひとつです。中でもおやつの時間は非常にたくさんの意味を持ちます。介護職として利用者には少しでも楽しんでいただきたいものですよね。しかし、そのおやつの選び方など注意しなければならない点もあり、せっかくのおやつが逆に利用者のためにならないことも。
今回は、介護施設を利用する高齢者にとっておやつの役割と提供時の注意点の解説と、利用者も一緒に作ることができる高齢者向けのおやつレシピを紹介します。

介護施設を利用する高齢者におやつは重要

介護施設を利用する高齢者は日常的に介護が必要な方が多く、頻繁に外出するのは困難であることが実情です。そのため施設内や施設近辺で過ごすことが多い高齢者にとって、食事の時間は空腹を満たすためだけでなく生活の中で大きな部分を占める楽しみとなります。特におやつは昼食から夕食の間の余暇時間、一日の中でも活動的な時間帯です。このおやつの時間を有意義なものにできると、利用者は生活の中で大きな楽しみを得ることに繋がるのです。

おやつの役割

おやつはあくまでも食事と食事の間に行う補食的な要素が強いものですが、介護施設を利用する高齢者にとって、非常に大きな役割を持ちます。

・エネルギー、水分補給

一食あたりの食事摂取量が減少しがちな高齢者には、一日を活動的に過ごすためのエネルギーが足りない場合があります。エネルギーをしっかりと摂取できないことにより活動意欲の減少、筋力低下などを引き起こすおそれもあります。また同様に水分もこまめに摂取する必要がありますが水分だけ飲むことは避ける高齢者もおられます。

おやつは食事に比べて軽い感覚で食べることができ、水分も同時に摂取してもらいやすいためエネルギーと水分補給に非常に適しています。

・足りない栄養を補う

おやつはエネルギーだけでなく種類によって様々な栄養を含みます。タンパク質やビタミンなど、食事で摂取しきれなかった重要な栄養素でもおやつを通して摂取していただける場合があります。

・気分を落ち着かせる

おやつには比較的甘いものが多くあります。甘いものを食べると気分が落ち着くことが知られており、認知症の方が夕方になると不穏になる黄昏症候群など落ち着きがない状態であってもおやつを食べることで気持ちが落ち着き、リラックスして穏やかになることがあります。

・一日のメリハリをつける

日本において「3時のおやつ」という言葉は広く知られています。元々は江戸時代で3時を表す「八つ刻」(やつどき)を丁寧にしたものが「おやつ」の由来との説があります。それほど歴史のある言葉ですので高齢者にとってもおやつは時間を知る道具にもなるのです。一日の中で時間をしっかりと認識することで正しい生活リズムを刻み、規則正しい生活を送ることが期待できます。

・コミュニケーションを円滑にする

おやつの時間はホッと一息つくリラックスした時間です。落ち着いた雰囲気でおいしいおやつを食べると気持ちが前向きになり、他者とのコミュニケーションが進みやすくなります。介護職はおやつを大切なコミュニケーションの時間と捉えて落ち着いた雰囲気を演出できるようにしたいですね。

高齢者向きのおやつとは?

おやつとひと言でいってもたくさんの種類がありますよね。高齢者にはどのようなおやつが向いているのでしょうか。おやつも食事同様に個人の嗜好が非常に大きく影響してくるため一概にはいえませんが高齢者施設で提供されることが多いおやつには以下のものがあります。

・果物

みかん、バナナ、梨、柿など果物は糖分、ビタミンなど豊富な栄養を含み、かつ食べやすい柔らかさのものが多いため好まれる傾向です。特に高齢者が慣れ親しんだ果物を提供すれば抵抗なく食べていただけるでしょう。最近になって国内に流通した果物は敬遠されてしまう場合があります。

・プリン、ゼリー類

プリン、ゼリーなどは咀嚼があまりいらずに飲み込みやすい形状のためどのような高齢者であっても食べやすいため介護施設では多く提供されます。また、特にゼリーはゼラチンや寒天などを使って自分たちで作ることが比較的容易なため果物を入れたものなどアレンジしたオリジナルゼリーを作れることもいいですね。水分補給も兼ねることができるため、夏には特におすすめのおやつです。

・煎餅、おかき類

高齢者は自身の経験上和菓子を好まれる方が比較的多くいらっしゃいます。中でも煎餅やおかきを好まれる方が多く喜んで食べていただきやすいのですが、利用者の歯の状態やおやつの固さによっては歯や歯茎を傷めてしまうこともあるので注意が必要です。しかし煎餅やおかき類は歯ごたえがあり、噛むことで脳への活性化も期待できます。本人の口腔状態や嗜好によってはおすすめできるおやつです。

・蒸しパン、ケーキ類

ふわふわして噛みやすいパンやケーキ類も高齢者のおやつに適しているといえます。種類によっては甘くないものやフルーツ、豆類が入ったものもありバラエティに富んでいるのも飽きがこなくておすすめです。しかし、口腔内の水分を奪いやすいものもありますので摂取の際には必ず水分と一緒に食べていただくようにしましょう。

おやつ選びの注意点!

次ページへ続く

ほのぼの,ほのぼのネクスト,NDソフト,介護ソフト

ページ: 1 2

PAGE TOP