POINT
ほのぼのmoreの特徴

障がい福祉サービスをシステムでサポート!
記録のICT化、さらにより簡単を実現
ほのぼのmoreの特徴
日誌や記録表はお使いの帳票に近い形で再現!
支援記録システム

バイタルや服薬などの登録データを収集し、ケース記録を作成電子押印が可能で、管理者が印鑑を押すと追加入力不可とするロック機能も装備しています。

記録はタブレットでその場で記録!
「音声入力機能を標準装備」
記録業務をより短縮し、効率UP
バイタル機器と連動!

Bluetooth通信で計測データを転送打ち間違い防止や正確な記録が可能。
※電子体温計、電子血圧計、パルスオキシメーターと連携可能です。連携対応機器は弊社までお問合せください。

キーボードの代わりに音声で入力!
介護福祉業界に特化しているため、
業界用語を優先して変換します。
ほのぼのmoreはセキュリティも万全!
ほのぼのmore 統合メニュー

システムを開くだけの画面ではなく、「情報の入り口」として活用本日の状況も一目で把握できます。

改正情報やバージョンアップのお知らせなど、弊社からの発信を確認できます。
※インターネットへの接続が必要です。

HOW TO
運用方法・導入について

運用構成例
事業規模に応じた4つの運用構成例

「ほのぼの」シリーズはお客様の事業規模に応じて柔軟なシステム構成と、拡張が可能です。
ご導入後に、新たな事業所の開設や職員の増員など、事業規模が拡大してもそれまで蓄積されたデータはそのままでシステムやパソコンの追加が行えます。

障害者総合支援法,ほのぼの,ほのぼのモア
ご導入方法
5年間のソフトウェア使用権をご購入いただく導入方式です。

ソフトウェアに関連する将来的なコストが予測しやすくなり、事業所経営の安定につながります。

ほのぼの,ほのぼのモア,障害者総合支援法
ご導入までの流れ

NDソフトウェアと販売パートナーの協力体制により、スムーズなご導入をお手伝いいたします。

ほのぼのモア,ほのぼの,障害者総合支援法

PAGE TOP