ページ内・サイト内を移動するためのリンク

ID     PASS

グローバルナビ

介護サービス向け製品

本文

ほのぼのシリーズ

地域包括支援センターシステム

地域包括支援センターシステムとは?

新予防給付の中核を担う地域包括支援センター様の業務を支援するシステム
スクリーニングを始めとし、一次アセスメント、効果評価、請求管理まで幅広く対応いたします。実態調査や相談受付業務の管理も可能です。

  • 基本システム
    対象者台帳機能
    相談苦情受付機能(虐待防止、ボランティア、ヘルスサービス等)
    実態把握機能
    包括的・継続的マネジメント機能
    統計処理機能
  • 新予防給付システム
    基本チェックリスト機能
    介護予防ケアプラン作成機能
    介護予防ケアマネジメント機能
  • 地域支援事業システム
    基本チェックリスト機能
    介護予防ケアプラン作成機能
    サービス予約管理機能

▲対象者台帳画面

特 徴
  • 特徴その1【セキュリティの高さ】

    起動時のパスワードはもちろん、どの職員に、どの利用者の情報を公開するのか設定できる機能を装備し、職員ごとに、事業所/システム/項目の組み合わせで権限を設定できます。

  • 特徴その2【充実の検索機能】

    年齢、性別、氏名、カナ、生活圏域等の条件で利用者検索が可能です。

  • 特徴その3【簡単計画書作成】

    計画書作成は、複写機能で簡単に手間なく行え、過去の計画書の履歴管理・参照が可能です。

  • 特徴その4【広域ネットワークでの運用に対応】

    地域包括支援センターシステムは、クライアント・サーバー型から複数拠点を繋いだ運用まで、幅広く対応するWeb方式のシステムです。運用環境にVPN網を採用することで、広域ネットワークの構築と高いセキュリティレベルを確保し、データの完全一元化とタイムリーな情報連携を実現します。

関連商品
  • 要援護者台帳システム

    災害時要援護者のリスト、避難計画などを、地域包括支援センターシステムの利用者情報を利用して簡単に作成できます。また、オプションシステムの利用で避難経路図も作成可能です。
    詳しくはこちら>

  • ■要援護者台帳システムの概要

資料請求はこちら