NDSコラム

仕事 2021/08/19
介護事故を減らしていくには「防ぐべき事故の防止」が重要

介護現場では常に介護事故のリスクが絶えません。利用者の転倒や転落などの介護事故は利用者にケガを負わせてしまうだけでなく骨折や死亡にも繋がりかねないものですので、何とか予防したいと考えている介護事業所は多いことでしょう。介護事故は発生しないことが何よりなのですが、過度な事故防止はかえって利用者へのケアの質を落としてしまう、職員の負担を強めることにもなりかねません。介護事故は「防ぐべき事故」と「防げない事故」の見極めをしっかりとつけて、防ぐべき事故を防止していくことが減少に繋がります。そこで、現場を預かる管理者はどのように事故防止についてのマネジメントをしていくとよいかを見てみましょう。

介護現場で事故を完全に無くすことは困難

介護事業所を利用する方々は何かしらの疾病や障がいを抱えている方や高齢により心身機能が低下した方々が多くおられます。利用者はその影響で自分のイメージした通りに身体が動かないことや、認知症により危険が認識できず転倒、ベッドからの転落などの事故を起こしやすくなります。また介護の仕事は人と人が接する仕事であり、様々な身体介護を要する場面が数多く見られます。限られた人数で多くの利用者を見る介護職員は、同時に発生した事故リスクにすべて対応することは困難です。

また、人間は常に同じ行動を正確に行えるわけではなく、体調や環境の変化を強く受けます。私たちが「さっきまで覚えていたこと」をつい忘れてしまうことがあるように、介護職員が常日頃から気を付けていることでも、ふとした時に対応が遅れてしまうことも十分にあり得ることです。このようなヒューマン・エラーが起こることで事故は発生してしまいます。しかしヒューマン・エラーを完全に無くしてしまうことはできません。つまり介護現場では事故のリスクを完全にゼロにすることはできないといってもよいでしょう。

介護事故予防策は過度になると利用者を抑制してしまう

事故を完全に防ぐことができないからといって、何も対策をしないわけにはいきません。介護事業所では事故を予防するために様々な対策を取っています。

介護事故が起こった際には事故の内容を分析し、再発予防に努めるための「介護事故報告書」などの記録を書きます。これによりなぜ事故に至ったのかの原因を明らかにし、再発予防策を講じることができます。

ほかに事故には至らなかったが事故に繋がるリスクには「ヒヤリハット報告書」などの記録を書きます。ヒヤリハットは起こった際の状況を把握することで、そこに潜む不安全状態・不安全行動を把握することに役立てることができ、これにより事故に繋がる潜在的リスクを顕在的リスクとして認識し、事故に繋がる前に対策を練ることが可能になります。

このように介護事業所では介護事故を防ぐための手立てを取っているところがほとんどではあります。しかし過度に「事故を防ぐ」という意識が働きすぎると、転倒リスクの高い利用者を常に職員のそばに座らせる、利用者が一人で歩行させないようにする、目の届かない夜間はベッドから降りられないようにするなど、しばしば利用者の行動を制限してしまいがちです。職員においても「事故を起こさない」という意識が過度に働くと職員の管理下に利用者を置くような状態になる場合もあります。介護職の仕事は利用者の安全を守ることも当然ながら、最も大切なことは利用者の尊厳を守り、自立支援を図ることです。

行動が制限され、管理下に置かれた利用者ばかりになっては、利用者にとってはそこは居心地の悪い場所になり、かえって活気のない施設になってしまうことでしょう。

介護事故は防ぐべきではありますが、すべてを防ぐことは困難で、過度に防ごうとすると利用者を抑制してしまうことに注意が必要です。

「防ぐべき介護事故の防止」が重要

では利用者の尊厳を守りながら介護事故を防止していくにはどのような手立てが必要でしょうか。まず介護事故をただ介護事故として見るのではなく、「防ぐべき事故」と「防げない事故」に分類することが重要です。

「防げない事故」については利用者の心身の状態の急な変化により起こり得る転倒事故などが挙げられます。私たちが普段通り慣れた道でもつまずくことがあるように、利用者も歩行が自立しているにも関わらず何らかの要因で転倒しそうになることや転倒してしまうことは考えられます。こうした事故は防ごうとしてしまうと必ず利用者の転倒前の生活状態を抑制することになってしまいます。

対して「防ぐべき事故」とは、そこに明らかなリスクを含んでいる状態であることがほとんどです。例えば転倒リスクのある利用者のトイレ誘導を行い、トイレに座っている最中に職員がその場を離れて他の方の食事介助をした場合、トイレに座っている方は自分で立ち上がり転倒するかもしれませんし、食事介助をしている方の嚥下状態をしっかり観察できず誤嚥してしまうかもしれません。これらの事故はサービスを提供する中での利用者の安全確保を怠ったといえます。このような場合の介護事故は最大限再発防止に努め、ゼロにすることが重要です。そのほかにも物品の位置や居室環境などが事故のリスクに繋がることもあり、これらが事故に繋がった場合、事故に繋がりそうだった場合は「防ぐべき事故」として対策にあたる必要があります。

 

次ページへ続く

ページ: 1 2

PAGE TOP