TOPサービス別機能紹介>ケア総合記録システム

ほのぼのNEXT【ケア総合記録システム】で記録業務の電算化!

ケア記録でよくあるお悩み

記録でこんなお困りごとございませんか?

事務作業を軽減するには?

→ システム化をすることで二度入力などの手間をはぶき、事務作業を軽減できます!

1.ケアの記録を取る 2.システムに登録 3.登録した情報をもとに各種記録を自動作成

事務作業を軽減することで、ケアの提供時間を増やすことが可能です

ケア記録をシステム化することによって事務工数の削減、さらにケアの提供時間を増やすことが可能になります
  •  システム化することで、事務作業にかかる時間を大幅に軽減し、本来時間をかけるべきケアの提供時間を増やすことが可能です。
    監査に必要な資料はワンクリックで集計。CSV出力も可能です。 日々、入力した内容を元にグラフ化することができるので、事故が起きやすい場所の特定など、分析が簡単に行えます。

さらに!「ほのぼのNEXT」なら、記録端末としてiPad等のiOS端末を使用可能


iPad等のiOS端末を使って、その場で記録した内容がそのままシステムに反映されるため、手間がかかりません!

  • 持ち運び可能なiPad等のiOS端末を使い、その場で記録が取れ、そのままシステムに反映されるため、転記の必要がなくなります。
  • バイタル、食事、水分、入浴、排泄、リハビリ、服薬など複数の項目で記録が行えます。
  • iPad等のiOS端末から過去履歴の確認はもちろん、変更も可能。変更した内容はそのままシステムに反映されるため、手間がかかりません。
  • ほのぼのTouchシリーズ CarePalette 詳しくはこちら
  • ほのぼのNEXT資料請求ボタン
  • ほのぼのNEXTデモボタン
マンガで解説!ほのぼのNEXTで事業所のお困りごとを解決!

*ケア総合記録システムのiPad等のiOS端末運用を行うには、ほのぼのNEXT専用のiPad等のiOS端末アプリの導入と接続ライセンスのご購入が必要です。

*無線LAN環境が必要です。

*iPad等のiOS端末は米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

*本ページ内のiPad等のiOS端末画像はイメージです。

お気軽にお問合せください!

無料デモ依頼

無料 資料一式ダウンロード

Copyright(c) 2011 NDsoftware.co.,Ltd Allrights Reserved