NDSコラム

仕事 2018/09/19
介護記録を書く目的にはどんなものがある?

優れた介護記録は、介護サービス全体の質の向上につながると言われています。誰が読んでも、利用者の状態や生活の様子を再現できる記録は、職員間での情報の共有化を図り、利用者に対し一貫したケアを提供できるでしょう。
また、課題の解決に向けたケアプランの策定もスムーズとなり、職場全体の志気を高めます。利用者とそのご家族との関係性を深めるツールとしての役割もあるため、些細な変化も逃さず残しておくことが大切です。ここでは、介護記録を書く目的について解説します。

介護専門職として意識を高める

介護記録を記載するには、より広い視点から利用者を注意深く観察する必要があります。介護者の主観に依存した観察では、毎日同じ内容の羅列となってしまうでしょう。

介護記録を記載する作業を通じ、生活機能を全体的に見渡す姿勢を習慣化すれば、介護専門職としての意識はもちろんのこと、介護技術の向上にも繋がっていきます。

 

関係者間のコミュニケーションを円滑化

介護の現場では、利用者が抱える生活上の課題に対し、医師や看護師、社会福祉士、ケアマネージャーなど、さまざまな職種が一丸となって支援を行っていきます。そのため、利用者に関する情報やニーズ、健康上の問題など、利用者が健康で豊かに暮らしていくために必要な情報を漏れなく発信、共有し、全ての支援者が同じ視点で利用者に関わる意識が求められます。介護記録は、介護者が得た利用者に関する情報を発信、共有するためのツールとしての役割を果たします。

 

介護施設や事業所で行ったサービスの証拠として

より正確に記載された介護記録があれば、介護者の仕事内容を第三者に証明することができます。普段、介護現場を目にすることのないご家族が読めば、利用者の生活状況や介護内容に触れることができるでしょう。

万が一、事故や訴訟が起きてしまった場合は、介護者が利用者のニーズに対して真摯に対応してきた経緯や、対応の是非を的確に判断する、公的な証拠として扱われます。もちろん、記録に不備があったり、虚偽が認められたりした場合は、施設や事業所全体に対する信頼を失いかねません。

 

職員同士で振り返りをする

特に高齢者介護の現場では、病気やケガなどの明確な理由がないにも関わらず、急に食欲が低下したり、うつ状態に陥ってしまうケースが見られます。そのような場合、改めて介護記録に記載された利用者の生活状況や言動を振り返ってみると、解決に向けたヒントが得られるでしょう。
また、これまでの介護内容が利用者にとって適切だったのか、その効果を職員同士で検証する際にも役立ちます。

 

ケアプラン作成のための資料として

介護記録は、利用者のケアプランを作成する上で、重要な資料のひとつとして位置づけられています。介護記録に記載された内容の多くは、ケアプランにおける長期、短期目標や、解決すべき課題を決定付ける根拠として扱われます。利用者の生活をより良い形で継続させるためにも、介護記録は必要不可欠な存在でしょう。

介護記録は、単に運営基準を満たすためだけに記録するものではありません。利用者により良いサービスを提供し、利用者やそのご家族、引いては地域住民全体の信頼を得る上で欠かせない一要素であることを理解し、日々の記録業務に取り組んでいきましょう。
 
※コラムの内容については、掲載当時のものです。
 
 

最後までお読みいただきありがとうございました。
介護事業所様にお役立ちいただけるよう「eBook」をご用意しました。是非、ダウンロードしてご活用いただければと思います。ダウンロードは無料です。

今すぐeBookをダウンロード

 
 

PAGE TOP