NDSコラム

仕事 2018/09/19
行政指導を受けてしまう可能性も? 介護記録の重要性

介護の現場において、介護記録の重要性は十分に理解されていても、その膨大な量にストレスを感じている人も決して少なくないはずです。介護記録は、行政による実地指導でも厳しくチェックされるため、効率化しようと記載内容を省略したり、偽ったりすると厳しい処分が下される可能性があります。
ここでは、介護記録の重要性や効率化させるためのポイントをご紹介していきます。

介護における記録の意義

介護記録は、職員同士のコミュニケーションを図る重要なツールです。たとえば、交代勤務制をとる介護施設では、介護記録があることで自分が出勤していない時間帯・場所で起きた出来事や利用者の言動をチェックし、情報を共有することができます。病状の悪化や日常生活上の変化がみられれば、それがいつどのような経過で起きたのか理解することができるでしょう。介護上の留意点や観察ポイント等も確認できるため安心です。

また、介護記録は、自分たちが提供するサービス内容を振り返り、サービスの効果や利用者満足度を検証する上でも役立ちます。改善すべき点はもちろんのこと、自分たちの強みに気付く機会となり、サービス全体の質向上に繋がります。

 

介護記録がきちんと作成されていない場合のリスク

介護記録は、万が一、利用者に大けがを負わせ「訴訟」に発展してしまった時などに、事故の背景や経緯を示す唯一の証拠となります。日常的に大けがを負わせないよう徹底した配慮を行って、事故前後も適切な介護を提供していても、記録にその内容が正確に記載されていなければ、介護側の責任を厳しく追及されます。

また、行政指導では、日々提供される介護サービスの内容を記録する介護記録だけではなく、ケアマネージャーが送付するケアプラン、個別介護計画書、送迎記録、職員出勤簿、介護給付明細書、給付管理表などなど、あらゆる書類がチェックの対象になります。

ケアプランの内容と事業所が提供したサービス内容が異なっていたり、介護記録に記載された日時と送迎時間に矛盾点があれば、不適切なサービスが提供されたと判断されかねません。最悪の場合は、指定事業所としての認可を取り下げられてしまう恐れもあるため、日頃からしっかりと記録を残す必要があります。

 

介護記録の効率化を図るには?

勤務時間内に介護記録を書き終えることができないなど、介護記録に関して悩みを抱えている人は決して少なくありません。介護の現場には、さまざまな種類の記録が存在しているため、業務時間内に全ての記録に目を通すのも大変な作業です。

他の介護者が記載した重要な情報を読み逃してしまえば、介護サービスに支障を来します。特に、介護記録を紙ベースで管理している場合は、ケース記録と介護日誌に同じ内容をそれぞれ記載しなければならず効率的とは言えません。ケアプランの内容と介護記録の内容を照合したいと思っても、いちいち別のファイルを探しに立つとなれば、記録に要する時間はさらに長くなってしまいます。

このような、介護記録を紙ベースで管理している場合の悩みは、介護記録専用のソフトウェア導入により大幅に解消されます。直筆からキーボード入力になるだけでも、大きな負担軽減となりますが、各種記録が連動し合い一元管理される点が最大のメリットです。ケース記録のデータを介護日誌の内容を自動的にリンクさせたり、監査に必要な事項をワンクリックで入力するなど、介護記録業務の効率化を図る機能が満載です。

NDソフトウェアの「ほのぼのNEXT」は、混沌としやすい介護記録業務を全面的にサポートします。介護職員間の申し送りや情報共有もスムーズに行え、介護サービスの質向上も期待できるでしょう。誰にでも簡単に操作できるようさまざまな工夫が施されていますので、パソコンに不慣れな方にも安心して使用することができます。また、持ち運びしやすいタブレットでの入力でも可能になっているため、即座に介護記録を記入することができます。
 
※コラムの内容については、掲載当時のものです。
 
 

最後までお読みいただきありがとうございました。
介護事業所様にお役立ちいただけるよう「eBook」をご用意しました。是非、ダウンロードしてご活用いただければと思います。ダウンロードは無料です。

今すぐeBookをダウンロード

 
 

PAGE TOP