NDSコラム

仕事 2021/07/09
介護施設における夜勤の実態の調査結果から見た業務負担軽減に必要な取り組みとは

介護を必要とされる方々が入所する介護施設において、必要不可欠になるのが24時間体制での観察や身体ケアなどを行うための夜勤業務です。しかし夜勤業務は介護施設の環境によっては職員の心身の負担が多い場合もあり業務負担の軽減などを図ることが必要とされているものでもあります。2021年2月、日本医療労働組合連合会は「2020年介護施設夜勤実態調査」の調査結果を公表しました。今現在、介護施設の夜勤はどのような実態となっていて、夜勤の業務負担を軽減していくためにはどのような取り組みが有効なのでしょうか。

介護施設において夜勤は欠かすことのできない業務

心身のケアが必要な方々が入所される介護施設では、24時間体制での見守りを要します。介護施設は生活の場であり、日常の生活には食事、入浴、排せつなどが含まれます。介護を必要とされる方の排せつ介助や自力での体動が難しい方への体位交換介助などは昼夜を問わず必要なため、介護施設では常に職員が勤務している状態が必要です。

また認知症を有する方は場合により昼夜を判別することが困難な方もおられ、夜間においても入眠されずに動かれる方もいます。そのため介護施設では夜勤が必要不可欠な業務になります。夜勤は日中の勤務に比べ限られた人員で勤務することが多く、介護職員の業務負担が増しやすい業務でもあります。利用者へのケア以外にも介護記録を記入する、翌日の準備をするなど夜勤中には多くの仕事を限られた人員でこなします。

決して簡単なことではありませんが、利用者の健康と安全を守るためにはとても重要な業務です。

「2020年介護施設夜勤実態調査結果」から見る介護施設の夜勤の現状とは

日本医療労働組合連合会は2021年2月、「2020年介護施設夜勤実態調査結果」を公表しました。夜勤を必要とする特別養護老人ホームやグループホーム、老人保健施設や小規模多機能型居宅介護など153施設、4233名に対して行われた調査です。
介護施設の夜勤の実態を明らかにすることを目的に行われた本調査結果は、以下の結果が報告として挙げられました。

「2交代夜勤」82%、「3交代夜勤」16.5%

この度の調査結果によると2交代夜勤を行っている介護施設は回答があったうちの82%でした。3交代夜勤は16.5%で、2交代夜勤が大幅に上回る形となっています。2交代夜勤は働く時間が長いため勤務自体は負担の大きいものですが夜勤明けの翌日は休みとなる介護施設が多くみられます。ひと月あたりの夜勤の回数は約4回です。

3交代夜勤は連続して勤務に入る場合があり、一回あたりの勤務時間は2交代夜勤と比較して短いものの体感的に休みが少ないと感じやすい勤務形態であるともいえます。
前年の結果は2交代夜勤が87%、3交代夜勤が11.5%でしたので、1回の勤務時間が長くなり負担の大きい2交代夜勤を見直す介護施設が増えているという見方ができます。

ひと月あたりの夜勤回数が依然として多い

以前に行われた介護施設夜勤実態調査と比較すると、介護職員がひと月あたりに夜勤を担当する回数は2交代夜勤では1,878人中720人が「4.5回以上」と回答しています。前年は823人が4.5回以上夜勤を担当していると回答していますので回数そのものは減ったとみられますが、依然として夜勤を担当する回数が多い現状は続いているといえます。

3交代夜勤の夜勤回数は70人が月に9回以上夜勤を担当していると回答しています。前年は43人でしたので3交代夜勤を行っている事業所においては職員の夜勤日数は増加しているといえるでしょう。

「2交代夜勤」の平均休憩時間は2時間28分

3交代夜勤の平均休憩時間が平均1時間7分であるのに対し、2交代夜勤の平均休憩時間は2時間28分であるとの調査結果が出ています。2交代夜勤は平均して16時間働く勤務形態であり、2時間30分程度の休憩時間が平均であることを鑑みると、労働環境は介護職員にとって非常に負担の大きいものであることが窺えます。

また、この回答はあくまでも就業規則に定められている休憩時間を集計したものであり、夜勤中に休憩が取れていることの裏付けではないことに注意が必要です。

介護施設に入所する利用者の数によっては夜勤を1人で担当する事業所は決して少なくありません。グループホームや小規模多機能型居宅介護は1ユニットで定員が9名と決まっており、夜勤を担当する職員は1名であることが恒常的となっています。実際に1時間程度の休憩が取れているかということを考えると、利用者対応のために持ち場を離れることのできない職員は相当数いるのではないかと思われます。夜勤業務を1人で行うことは利用者の対応などで気を抜くことができず精神的に余裕がないともいえます。さらに翌日の準備などの業務も行うため、他の職員と連携した業務分担が行えない恐れがあり肉体的にも負担の大きいものといえます。そのような夜勤において休憩をしっかり取ることができないとなると介護職員の心身には相当の負担がかかることが考えられます。長時間の勤務に加え限られた人員数で利用者のケアや利用者対応にあたる心身の負担は介護職員の健康にも悪影響を及ぼすおそれがあるといえるでしょう。

人員不足が介護施設の夜勤の負担増に繋がっている

ベッドセンサー,夜勤,見回り

次ページへ続く

ページ: 1 2

PAGE TOP