NDSコラム

人材 2021/09/21
認知症ケアの専門家である『認知症ケア専門士』とはどのような資格かを解説

現在日本の平均寿命が延びていることから高齢化が急速に進行しており、2025年には超高齢化社会ともいえる時代がやってきます。それに伴い懸念されているのが介護ニーズの増大です。さらに課題となってくるのが高齢化になるにつれ発症リスクの高まる認知症への対応です。認知症を有する高齢者へのケアは個人の尊厳に深くかかわる非常に重要なケア。そのために介護保険制度では認知症専門ケア加算を設けるなど、認知症ケアの質を向上させるための取り組みを行っています。また認知症ケアのスペシャリストともいえる資格に「認知症ケア専門士」があり、積極的に採用や資格の取得を促す介護事業所が増加しています。この認知症ケア専門士とはどのような資格なのでしょうか。

高齢化とともに認知症患者が増加

わが国の介護に関する課題としてしばしば取り上げられるものに「2025年問題」があります。これは戦後の第1次ベビーブームに生まれたいわゆる「団塊の世代」の方々が75歳、つまり後期高齢者になり、それに伴い介護の必要性が爆発的に高まることが懸念されている問題です。さらに現在の日本において平均寿命は増加を続けており、令和元年の時点では男性が81歳、女性が87歳を超えています。その結果2025年には日本の人口比率の30%が65歳以上になる超高齢社会が到来するとされています。

また平均寿命が延びるにつれ様々な疾病のリスクも高まることが指摘されており、そのなかで認知症を有する患者は2025年の時点で65歳以上の方の20%ほど、約700万人に増加するであろうと考えられています。

 

増加が予想される認知症患者に対しての介護ニーズに応えていくためには、介護職が認知症に対して適切な対応ができる専門性が非常に重要です。

認知症ケア専門士とは?

認知症介護の質を向上させる資格のひとつとして期待が寄せられているものに「認知症ケア専門士」という資格があります。認知症ケア専門士は一般社団法人日本認知症ケア学会が認定する更新制の資格で、認知症介護にあたる職員の自己研鑚および生涯学習の機会提供を目的としています。認知症に関する高い知識と技能に基づくサービスを、認知症を有する方や家族に提供できることを示す、認知症ケアのスペシャリストともいえる資格です。

認知症ケア専門士以外にもさらに専門的な知識、技能を身につけチームリーダーとしてや地域のアドバイザーとしても活躍できる「認知症ケア上級専門士」や学生や家族、地域住民が認知症に関する理解を深める機会を得ることができる「認知症ケア准専門士」の資格があります。

民間資格ではありますが今後の認知症ケアの質を高めることが求められていることを考えると、ますます需要が増えてくる資格といえるのではないでしょうか。

認知症ケア専門士は加算の対象になる?

厚生労働省は認知症への対応力を向上するための取組の推進として平成30年度介護報酬改定において「認知症専門ケア加算」を新設しました。

加算の対象となる介護事業所はグループホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設やショートステイ、介護医療院といった入所型の介護施設が対象です。

加算は認知症専門ケア加算(Ⅰ)と(Ⅱ)の2種類があり、双方ともに認知症に関する専門的な研修を修了した者がいることが算定の条件となっています。

 

しかし認知症ケア専門士は民間資格ですので残念ながら加算の算定要件には該当しません。認知症専門ケア加算を算定できる研修は(Ⅰ)が「認知症介護実践リーダー研修」、(Ⅱ)が「認知症介護指導者研修」です。

認知症ケア専門士を取得するメリット

認知症ケア専門士を取得するメリットは、何より「認知症に精通したスペシャリストがいる」ことが最も大きいメリットといえます。認知症ケア専門士資格は更新制であり、資格取得後も研修の受講や論文の提出などをしながら5年間の間に30単位を取得することが更新の条件となっています。また認知症ケア専門士は定期的に会報が発行されており、研究論文などを読むことができます。つまり認知症ケア専門士は資格取得だけで終わるのではなく、常に最新の認知症に関する情報を持っている人材ということになります。

 

認知症の原因疾患ごとに適切な対応方法を会得しており、心身の状態によって現れる様々な周辺症状に柔軟に対応できる認知症ケア専門士の存在は、介護事業所だけでなく働く介護職員にとっても非常に頼りがいのある存在であることは間違いありません。さらに認知症ケア上級専門士ともなると認知症の方の適切な介護計画の策定や事業所全体の認知症ケアの方向性の意思決定といった施設全体のケアの質を底上げが図ることができ、実践する介護職への指導者としての活躍も大いに期待できます。

 

認知症ケアのスペシャリストである認知症ケア専門士の活躍の場は入所型施設だけでなく、通所介護や訪問介護など介護事業所全般であるといってもいいでしょう。特にグループホームや認知症対応型通所介護は認知症の方が利用される施設です。そのため認知症ケア専門士がいることにより利用者個人ごとの適切な対応方法や介護計画の方向性について専門的な目線からアドバイスできることは非常に助かる存在ですよね。

 

認知症介護に必要な観察の視点やアセスメント方法、介護計画の作成からモニタリングといった認知症介護における介護過程の知識、技能を持っている認知症ケア専門士は、介護職員の認知症ケアの質を向上させることに役立ち、結果利用者への質の高いケアを提供できるための資格として積極的に採用する、積極的に取得を支援する介護事業所が増加しているのです。

 

次ページへ続く

ページ: 1 2

PAGE TOP