NDSコラム

人材 2019/06/17
採用の精度を高める介護求人のポイントとは

人手不足を解消するために、様々な施策を取り入れている企業が多くあります。なかでも介護求人は、求職者に対して直接アピールできる大切なポイントです。そこで今回は、介護求人の方法と、求人制作で注意したいポイントをご紹介します。求人を見直すことで、優秀な人材を確保し、採用の精度を高めることができます。人手不足にお悩みの方は是非ご一読ください。

介護求人の方法

 

 
介護求人は、単に求人を掲載すれば良い訳ではありません。媒体による特色を知り、上手に組み合わせることが重要です。
 

大手採用サイト

大手採用サイトは、登録者数が多く沢山の人にリーチすることができます。採用担当者向けセミナーの実施や、求職者向けイベントの実施など、手厚いバックアップを受けることのも可能です。しかし、大手採用サイトへの掲載はコストが掛かります。更に、求人掲載をやめてしまうと、求人が求職者の目に触れなくなってしまいます。また、募集条件などによっては、応募者が殺到してしまい、想定以上に選考に工数が掛かってしまう可能性もあるので注意が必要です。
 

求人誌

求人誌は、WEBと連動しているケースも多く、多くの人に求人を見てもらうことができます。紙媒体は、掲載を辞めても求人誌が手元に残るため、掲載終了後に問い合わせが来るケースも。エリアや業界など、ジャンル分けをして発刊されているケースも多くあり、ターゲットに確実にアプローチすることができます。
 
大手採用サイトへの掲載同様、掲載にはコストが掛かります。
 

人材紹介会社

人材紹介会社は、求職者との契約が決まった際に、年収の30%程度の紹介フィーが発生します。成功報酬型で、かつ入社数ヶ月後の実績によって紹介フィーが発生するケースが多いため、数日などの超短期離職の場合にはコストが掛かりません。人材紹介会社のコンサルタントが、求職者と企業の間に立って調整をしてくれるので、マッチング精度が高まります。選考に工数を掛けられない企業にピッタリです。
 
とはいえ年収250万円で契約をした場合、約75万円掛かるため、大量採用を行うとコストが嵩んでしまいます。
また、新卒ではなく既卒・第二新卒・中途入社などを対象にしている企業が多く、新卒採用にはあまり向かないといえます。
 

ハローワーク

ハローワークでは、多くの求職者にリーチすることができるだけではなく、特定のエリアの求職者に対してアプローチすることができます。また求人掲載が無料なのは、大きなメリットのひとつです。
 
反面、限られたエリアの求職者に対して情報を公開するので、求職者が少ないエリアでは優秀な人材の採用が難しいという問題もあります。
 

自社採用サイト

自社採用サイトのメリットは、自社の採用コストに合った運用ができる点です。更に、自社採用サイトに情報を蓄積することで、求職者がいつでも好きな時に必要な情報に触れることができます。必要に応じて動画などを組み合わせることによって、多彩なアプローチが可能です。
 
運用コストが掛かる点や、定期的に更新が必要な点がデメリットといえます。
 

介護求人制作で注意したいこと

 

 
求人制作で注意したいポイントは以下の4つです。
 

どんな人物が欲しいか考える

「求める人材」が明確にならないと、採用のミスマッチが生じやすいです。経営計画や理念、人材行動指針などを基に、採用・育成計画を立てましょう。経営計画と照らし合わせ、どんな人材がどの位必要なのかを明確にすることで、求める人材に的確に訴求することができます。
 

選考のフローを明確にする

求人で忘れがちなのが、選考のフローを明記することです。
書類選考はいつ終わるのか、面接は何回あるのか、入社予定日はいつなのか、選考毎に結果の連絡をするのかなど、選考のフローを明確にして明記しましょう。
 

嘘をつかない

残業があるのに「残業ナシ」等、待遇を良く見せるために嘘をつくのは辞めましょう。ネガティブだと思われる点は、ポジティブな書き方に置き換えるのが大切です。ブラック企業の定義は人の価値観によって変わるので、「残業があってもその分稼げるのであれば、ポジティブな評価」という方も多くいらっしゃいます。
 

写真を上手に活用する

人物写真を活用しているケースが多くありますが、大切なことは「求める人物像が写真でわかること」です。
例えば、中高年のマネジメント層を募集しているのに、若手ばかりが写真に写っていると、応募をためらってしまう方も多いです。また、若手の女性ばかりの写真だと、男性が活躍できるイメージが沸きません。
職場の写真を掲載する時には、「自分が働いてみたいと思える」写真をセレクトしましょう。雑然として散らかっていたり暗かったりする写真はネガティブな印象を与えてしまいます。文章だけではなく、掲載写真にも気を配ることで、より良い求人を制作することができます。
 

おわりに

求人制作には、他にも沢山のポイントがあります。
制作後は、応募者・採用者の反応を見て、改善していくことで、採用の精度をより高めることができます。
 
求人を見直して、採用の質をあげましょう。
 
 

おわりに

最後までお読みいただきありがとうございました。
介護事業所様にお役立ちいただけるよう「eBook」をご用意しました。是非、ダウンロードしてご活用いただければと思います。ダウンロードは無料です。

今すぐeBookをダウンロード

 
 

PAGE TOP