ページ内・サイト内を移動するためのリンク

ID     PASS

グローバルナビ

製品情報

本文

事務作業を減らし、ケアの時間を増やす

事務作業や資料作成に時間がとられ、ご利用者のケアに時間が取れない、という声をよくお聞きします。

当社が実施したアンケート結果によると、手書きや資料作成などの事務作業でお困りという方が32%を占めていました。

『ほのぼのNEXT』を導入を導入し、手間と時間を削減!

業務を効率化し、ケアの時間へ充てて、ご利用者様に喜んでもらいましょう!

『手書きやExcelなどで請求業務を行う場合』『介護請求ソフト「ほのぼのNEXT」で請求業務を行う場合』で、どんなメリットや時間削減ができるのか、下記の図をご覧ください。

『ほのぼのNEXT』を導入すると...

  • 請求時に必要な利用者様の項目が一目でわかるため、無駄な入力が省けます!
  • スケジュールで管理した実績は請求へ反映され手間を削減します!
  • ケアマネシステムと連動し、計画取込み/実績転送によりスムーズにかつコストを抑えて やり取りが行えます!
  • サービス費/利用料は自動算定で簡単に処理できます!

『ほのぼのNEXT』導入事例

全事業所で「ほのぼの」シリーズを導入し、大幅な業務効率化が図れました

社会福祉法人 池田さつき会 幸田伸明事務長様
池田さつき会
私どもは、大阪府池田市・豊中市で複数の事業所を展開しております。
これまで一部の事業所では他社システムを使用していましたが、法人内ネットワーク構築による業務改善とご利用者様情報の一元管理の実現のため、全事業所にて「ほのぼの」シリーズに入替えを行いました。
(「5年使用権パック」で導入するため、コストパフォーマンスが良かった点も導入に至ったポイントです。)

どの事業所からもご利用者様の情報共有が可能となり、法人内における事業所の利用履歴も一目瞭然、居宅で受けた相談から通所・ショートステイ・施設入所に至るまで、共通のご利用者様情報が把握できるため、無駄がなくなり、大幅に業務効率化が図れました。

職員数が300名にもなりますので、これまで情報の一元管理は課題のひとつでしたが、「ほのぼの」シリーズを導入したことで、その問題を一気に解決することができました。
また、どの事業所でも同じ情報を把握できるため、法人内にてスムーズなワンストップサービスの提供が可能になりました。
もともとシステムにて運用していた下地がありましたので、各部署ごとに介護系・請求系・居宅系に分け、数回、操作説明を行っていただいたことで入替後も混乱なく運用することができました。
全介護スタッフ・管理部門スタッフがシステムを利用しています。

その他の導入事例一覧はこちら!

安心の『ほのぼのNEXT』は現在、全体34,500を
超える(※2015/3末当社調べ)事業所様でご利用いただいています。

  • キーボードに不慣れな方のために、タブレットでの入力や声での入力が可能なツールもご用意しています!
  • 標準実装された掲示板機能により、全体のスケジュール管理やすれ違いになりがちな職員間での情報共有や必要な情報を一目で把握できます!
  • 集計処理の機能により返戻を未然に確認でき、返戻ゼロで安心して国保連へ請求データを送れます!
  • 集計/請求データはCSV出力できるため、経営に役立つ独自の資料作成が可能です!

『ほのぼのNEXT』について詳しくはこちら!